ホームページのお値段は高い?

ホームページのお値段の決め方の基本をご紹介

最終更新日:2017年5月9日

ホームページをつくるのは、とってもお金がかかります。
数十万円から数百万円は当たり前です。
億の案件もあります。
店頭に並ぶ商品や建築物とかちがって、手に触れないものにかかる費用として、高すぎると思う方も多いです。

でも、基本的には同じ。
一番高いのは、人件費です。

WEB系のお仕事の場合、1人日(1人月)いくらで計算します。
1人日というのは、プロ1人が1日(8時間)フル稼働するという単位です。

1人日のお値段は、内容や会社により様々です。

例をあげると、プロのデザイナーさんがそれなりに難しいデザインをするのであれば、
1人日7万円 とか、
コーダーさんが一般的なコーディングをするのであれば
1人日5万円 とか。

もちろん、実際に掛かった時間ではありません。
スキルの低い人ほど時間が掛かりますから。

WEB制作には、最低でも、ディレクション、デザイン、コーディングという工程があります。

例えば、小さなホームページをつくるとして

ディレクション 1人日 7万円 × 2人日 = 14万円
デザイン    1人日 6万円 × 3人日 = 18万円
コーディング  1人日 5万円 × 3人日 = 15万円

合計:47万円

最低でもこれだけ掛かります。

違う計算方法をとっている会社も多いですが、費用のほとんどが人件費であることに変わりはありません。

なかには、とっても安いWEB屋さんもあります。
いろいろなものを使い回すなどして、出来るだけ労力を減らす努力をした結果ではありますが、
もしかしたら、超絶ブラック企業でスタッフの犠牲のもとに成り立っている価格かもしれません。
僕も、ブラックなWEB屋で働いた経験があります。

フリーになった今は、安いお仕事は一切やりません。
もしお話を頂いても、お断りさせていただいています。

安い仕事は、ただの作業が多くてつまらない。
高い仕事は、裁量も多く自分のスキルを発揮できるので面白い。
自分を、自分のスキルに見合った値段で売るのも、フリーランスの大事なお仕事です。
もちろん、価格に見合ったものを提供させて頂いている自負はあります。

ただホームページを作ればいいやという時代はだいぶ前に終わりました。
ホームページを作るのには目的があり、その目的を達成するためにはそれなりの費用が掛かるかもしれません。
もしかしたら、必要なのはホームページじゃないかもしれません。

適正価格が無い商品かもしれませんが、ググったり、知ってそうな人に聞いたり、あいみつ(複数の業者に見積もりを取ること。相見積もり。)を取ったりして、良いホームページを作ってください。

コメント(0)

コメント投稿画面を開く
CLOSE ×