WEB系ブラック企業の種類や特徴、働いている人のタイプをご紹介

ブラック企業はカルト宗教

最終更新日:2017年5月9日

WEB系の会社はブラック企業が多いと言われます。
私は、業務の性質上、多くのWEB系企業や企業内のWEB部門に出入りしました。
自分で体験したり、見聞きしたブラック企業を分類してみます。

こちらの記事も
WEB屋さんの収入と働き方。ぶっちゃけます。

WEB系ブラック企業分類

ファミリー系

社員数:数名〜数十名
社長がお父さん。
お母さん役のお局さんがいる。
社長のために、会社のために、が最優先。
社内の業務外活動が多い。
飲み会とか、社長の家でホームパーティーとか、社長家族の何かのイベントに社員総出で行くとか。
ファミリー的な絆で結ばれている(と勘違いしている)ため、労働法などの法規は蚊帳の外。
家庭(ファミリー)内の規則や慣習が絶対。
残業代などと言おうものなら、問題息子扱いされる。
お父さんや優しいつもりで、残業代を出さずに夜食カップラーメンを買ってきたりする。

出来るだけ速やかに逃げてください。

カルト宗教系

社員数:十数名〜数十名。時に数百名。
会社が第一。
会社が大好き。
ファミリー系と似ていますが、社員間の距離感がそれほど近くない。
洗脳済みの社員が多数完備されています。
会社が黒と言えば白い物も黒くなります。
法は無視。
労働法?なにそれ。
割れ(違法)ソフト?問題あります?

出向も多いです。
入社したと思ったら、当日から別の会社に行って勤務。
週に1〜2回は自分の会社に行って説法(セミナー)を受けないといけないので、出向先の社員よりもはるかに時間はありません。

出来るだけ速やかに逃げてください。

独裁・やくざ系

社員数:十数名〜数十名。
罰金あり。
反省文あり。
食事に行くのも許可が必要。
高圧的な上司や先輩あり。
あとは、カルト宗教系と同じ。

死にたくなる前に出来るだけ速やかに逃げてください。

一見まとも系

社員数:数十名〜数百名
福利厚生もしっかりしているように見えて、上の類型よりははるかにましです。
「みなし残業」という名の違法行為がおこなわれていることが多いです。
※「みなし残業」は法に定められた制度ですが、多くの企業ではみなし残業の法的要件を満たしておらず、「名ばかりみなし残業」状態にあります。
一見、法も遵守していて優良企業に見えますが、法をある程度勉強していれば違法であることがわかります。

小活

社員数とブラック度はある程度比例します。
社員数十数名以下の企業はブラック率が高いです。
10名以下となれば、ほぼブラック企業だと思ってよいです。
数百名規模だと、お上の監視も強くなってくるのでましになってきます。

営業やディレクターが無能だと、しわ寄せが制作スタッフに来てしまい、結果的にブラック化することは、どの企業でもありえます。

ブラック企業の正社員になるくらいなら、派遣社員の方が100倍マシです。

ブラック企業勤務者

どんな人がブラック企業で働いているのか。

多くは、他に行き先がない方です。
つまり、スキルが低いなど、労働市場における人材としての価値が低い。

  • ・ブラック企業勤務で10年以上経過していて、居心地がいい
  • ・結婚していて家計を支えなければならず、転職活動のリスクを負えない
  • ・時間が取れず転職活動ができない
  • ・ブラック薄給で、やめるわけにはいかない
  • ・上が怖くてやめられない
  • ・責任感が強く真面目すぎる

などなど、さまざまな理由があります。

今現在、WEB系の労働市場は常に人材不足です。
思い切って辞めても、仕事はあります。
ブラック企業に勤めていても、スキルはそれほど上がりませんし、キャリアとしてもよろしくないです。

今度、別の記事で正社員としての企業の探し方や求職活動の仕方を書こうと思います。

WEB企業の生き残り策

WEB系の企業は数多くあります。

案件も多いですが、生き残るためには策が必要です。
大別すると、下記の策が多いです。

  • ・業界特化する 医療系・美容系・夜の仕事系など
  • ・技術力が売り 「ピクセルグリッド」などの技術者集団企業
  • ・デザイン力 デザイン会社でデザイン力が売り
  • ・企画力 WEB系のプロモーションなどプランナーが活躍する企業
  • ・大きい安心 大きい企業に任せておけば間違いないという安心感
  • ・とにかく安く速く 価格競争

一番ブラックが多いのは、価格競争タイプです。
安く速くあげる他に売りがないので、しわ寄せはスタッフに来ます。

まとめ

ブラック企業に勤めてしまったら、素速く決断して辞めたほうが良いです。
私も、ブラック企業に勤めてしまったことがあります。
8ヶ月で辞めましたが、辞めて本当に良かったです。

WEB系の仕事はさまざまな働き方が可能です。
私も、さまざまな働き方をしてきました。
このサイトで、これからいろいろな働き方のご紹介もしていきます。

また、違法行為に関して泣き寝入りする必要はありません。
私は労働紛争をした経験もありますし、法や労働法は一般の方より詳しいと思います。
その辺もこのサイトでご紹介していこうと思います。

ブラック企業を経営されている方。
ブラックにしなければ経営が立ちゆかないのであれば、経営者の素質も資格もありません。
早々に辞められることをオススメします。
会社がなくなっても社員の生活は大体なんとかなりますし、少し長い目でみれば社員ひとりひとりにとって良い結果となるはずです。

コメント(0)

コメント投稿画面を開く
CLOSE ×